日本微生物資源学会へようこそ
ようこそ日本微生物資源学会 Japan Society for Microbial Resources and Systematics (JSMRS)へおいで下さいました。本学会は2015年に日本微生物資源学会(Japan Society for Culture Collections, 2014年当時 )と旧・日本微生物系統分類研究会(Japan Society for Microbial Systematics)とが合流することによって新たなページを開きました。本学会は、微生物多様性の理解とその保全及び持続的利用に貢献できるように微生物資源に関する科学技術や微生物系統分類学の発展を促進し、また様々な法律や規制の下で微生物資源を取扱い、移転するために学術、行政および一般社会に広く働きかけることを目的としております。


新着情報
日本微生物資源学会第25回大会のお知らせ(2018年2月19日)
日本微生物資源学会誌第33巻第2号を公開(2018年2月15日)
日本微生物資源学会第25回大会開催のご案内(2018年2月14日)
第2回「バイオインダストリー大賞」・「バイオインダストリー奨励賞」の推薦募集について(2018年1月18日)
平成30年度日本微生物資源学会受賞候補者推薦に関するお願い(2017年11月10日)
第7回日本微生物学連盟フォーラム「微生物:変わり者たちの素顔」開催のお知らせ(2017年11月1日)
研究集会「シアノバクテリアの生態学的多様性と系統分類」開催のお知らせ(2017年10月31日)
「第2回 ABSに関わる名古屋議定書説明会」(筑波大学主催・国立遺伝学研究所共催)開催のお知らせ(2017年9月28日)
日本微生物資源学会会則が改正されました(2017年9月25日)
日本微生物資源学会誌第33巻第1号を公開(2017年9月8日)


学会からのお知らせ

◆◆ 日本微生物資源学会第25回大会のお知らせ ◆◆
(2018年2月19日掲載)

日本微生物資源学会第25回大会は,茨城県つくば市国立環境研究所で開催いたします.皆様のご参加をお待ちしております.大会に関する情報は当ホームページにて随時更新して掲載いたしますので,ご確認くださいますようお願い致します.

日本微生物資源学会第25回大会
大会長 河地 正伸

1. 会期: 平成30年6月13日(水)~15日(金)
2. 大会会場: 国立環境研究所 地球温暖化研究棟(茨城県つくば市小野川16-2)
    https://www.nies.go.jp/sisetu/map/index.html
  懇親会会場: ホテルグランド東雲(茨城県つくば市小野崎488-1)
    http://www.hg-shinonome.co.jp/
3. プログラム概要(発表件数等により,時間変更される場合があることをご了承ください)
  6月13日(水)
    13:30~15:00   編集委員会 温暖化棟会議室1
    15:00~16:00   カルチャーコレクション委員会 温暖化棟会議室1
    16:00~18:00   理事会 温暖化棟会議室1
  6月14日(木)
    9:00~  9:05   開会の挨拶 温暖化交流会議室
    9:05~11:00   実務ワークショップ 温暖化交流会議室
    11:00~11:45   ポスター(偶数)ギャラリー
    11:45~12:30   ポスター(奇数)ギャラリー
    12:30~13:30   お昼休み
    13:30~15:00   一般講演(口頭) 温暖化交流会議室
    15:00~15:15   休憩
    15:15~16:00   総会・授賞式 温暖化交流会議室
    16:00~17:30   受賞講演 温暖化交流会議室
    17:30~18:00   移動
    18:30~20:30   懇親会 ホテルグランド東雲
  6月15日(金)
    9:00~11:00   系統分類部会主催シンポジウム 温暖化交流会議室
    11:00~12:15   微生物資源基調講演 温暖化交流会議室
    12:15~12:20   閉会式 温暖化交流会議室
    13:30~15:30   エクスカーション(定員:30名)
4. プログラム
  プログラムはこちらよりご覧下さい ⇒ プログラム PDF(準備中)
5. 口頭発表・ポスター発表の表彰
  最も優れた口頭発表1題とポスター発表2題を選考委員会で選定し,優秀発表賞を授与する予定です.
6. 事前登録参加の申込方法
  大会へ参加される方は,参加申込票を記入して,平成30年4月6日(金)までに,大会事務局宛(25jsmrs@nies.go.jp)にe-mail でお申し込みください(事前参加登録).4月7日(土)以降の参加申し込みも受け付けます.
  参加申込票ファイルはこちらよりご覧下さい ⇒ 参加申込票
7. 研究発表の募集
  1) 演者は本学会会員に限ります. 一般演題として,口頭発表とポスター発表を募集します.平成30年4月6日(金)までにお申し込みください.ご希望の発表形式に添えない場合は,発表者に直接お知らせ致します.微生物資源保存機関の活動に関するポスター発表も歓迎致します.
  2) 発表要旨
    演者は,日本微生物資源学会誌の執筆要領に従って,発表要旨原稿を作成して,平成30年4月13日(金)までに,大会事務局宛(25jsmrs@nies.go.jp)にe-mail でお送りください.演題名,氏名,所属については英文も記載してください.要旨本文の文字数は,800文字以内(シンポジウムと基調講演は1,600文字以内)を目安に作成してください.
    要旨見本ファイルはこちらよりご覧下さい ⇒ 要旨見本
8. 参加費(大会参加費・懇親会費・弁当代)
    1) 平成30年4月6日(金)までの事前参加登録
      会員:5,000円 非会員:7,000円 学生:1,000円
      懇親会費:6,500円(学生:3,500円)
    2) 平成30年4月7日(土)以降
      会員:6,000円 非会員:8,000円 学生:2,000円
      懇親会費:7,500円(学生:4,000円)
    3) 弁当代金
      6月14日(木)分:650円
      6月15日(金)分:650円(エクスカーション参加者のうち,希望者のみ)
 
      参加費として,大会参加費・懇親会費・弁当代の合計金額を,4月6日(金)までに,下記,振込口座にお振り込みください(手数料はご負担願います).
      国立環境研究所周辺には飲食店が数軒しかありません.そのため,昼食はご持参いただくか,大会事務局が手配する弁当を注文してください.
9. 振込先
  【ゆうちょ銀行から振り込まれる場合】
  口座記号番号 : 10610-49929301
  口座名称 : 日本微生物資源学会第25回大会事務局
      (ニホンビセイブツシゲンガッカイダイニジュウゴカイタイカイジムキョク)
 
  【他の金融機関から振り込まれる場合】
  銀行名 : ゆうちょ銀行
  店名 : 0六八(読み ゼロロクハチ)
  店番 : 068
  預金種目 : 普通預金
  預金種目 : 4992930
  口座名称 : 日本微生物資源学会第25回大会事務
      (ニホンビセイブツシゲンガッカイダイニジュウゴカイタイカイジムキョク)
10. 実務ワークショップについて
  (準備中)
11. 系統分類部会主催シンポジウムについて
  (準備中)
12. 微生物資源基調講演について
  (準備中)
13. エクスカーションについて
  6月15日(金)の13:30~15:30に,国立環境研究所の3つの施設見学を予定しています(定員: 先着30名).参加ご希望の方は,参加申込票にその旨ご記入ください.参加費は無料です.
  環境試料タイムカプセル棟 (http://www.nies.go.jp/biology/aboutus/facility/capsule.html)
  微生物系統保存施設 (http://www.nies.go.jp/biology/aboutus/facility/micro.html)
  生態毒性標準拠点 (http://www.nies.go.jp/risk_health/referncelab.html)
14. 託児について
  本大会では,国立環境研究所内に託児室を開設いたします.
  利用希望者は,大会事務局(山口晴代)までメールにてお申し込みください.メールタイトルは「託児利用希望」としてください.
 
  定員 : 4名程度(0歳〜小学生)
  利用者自己負担 : 1時間300円
  昼食や持ち物については,申込者に別途ご連絡致します.
  託児委託先(予定) : 株式会社ママMATE(http://www.mama-mate.jp/greetings.html
15. 大会事務局
  〒305-8506 つくば市小野川16-2
  国立環境研究所 生物・生態系環境研究センター 山口晴代
  Tel: 029-850-2424 Fax: 029-850-2587
  E-mail: 25jsmrs@nies.go.jp

◆◆ 日本微生物資源学会第25回大会開催のご案内 ◆◆
(2018年2月14日掲載)

日本微生物資源学会第 25 回大会のお知らせ

参加および講演申込要領

日本微生物資源学会第 25 回大会のご案内をいたします. 国立環境研究所地球温暖化研究棟温暖化交流会議室にて開催しますので,皆様のご参加をお待ちしております. 大会に関する情報は学会ホームページ(http://www.jsmrs.jp/)でも掲載いたしますので,ご確認ください.

日本微生物資源学会第 25 回大会

大会長 河地正伸

1. 会 期: 平成 30 年 6 月 13 日(水)〜 15 日(金)
 
2. 会 場: 国立環境研究所地球温暖化研究棟温暖化交流会議室(茨城県つくば市小野川16-2)
    https://www.nies.go.jp/sisetu/map/index.html
 
3. プログラム概要
  6 月 13 日(水)
  理事会,カルチャーコレクション委員会,編集委員会
  6 月 14 日(木),15 日(金)
  一般講演,ポスター発表,実務ワークショップ,シンポジウム,総会,授賞式,受賞講演,懇親会等を予定しています. 詳細につきましては,学会ホームページに掲載します.
 
4. 一般演題の募集
  1) 講演者は本学会会員に限ります. 一般演題として,口頭発表とポスター発表を募集します. ご希望の発表形式に添えない場合がありますが,あらかじめご了承ください. 発表形式は講演登録締め切り後,発表者に直接お知らせします. 微生物資源保存機関の活動に関するポスター発表も歓迎します.
  2) 講演の申し込み
    表希望者は,演題名と発表者名,発表形式の種別および懇親会参加の有無も併せて大会事務局宛(25jsmrs@nies.go.jp)にe-mail にてお申し込みください. 講演申し込みの締め切りは,平成 30 年 4 月 6 日(金)です.
  3) 講演要旨原稿の提出
    MS-Wordを用いて,日本微生物資源学会誌の執筆要領に従って,800〜1,000字で作成し,e-mailに添付して,大会事務局宛(25jsmrs@nies.go.jp)にお送りください. 要旨提出の締め切りは,平成 30 年 4 月 13 日(金)です. なお,演題名,氏名,所属については英文も記載してください.
 
5. 口頭発表・ポスター発表の表彰
  最も優れた口頭発表 1 題とポスター発表 2 題を選考委員会で選定して,優秀発表賞を授与する予定です.
 
6. 参加費
  参加費,懇親会費に関しては,学会ホームページに掲載します.
 
7. 大会事務局:
  〒305-8506 茨城県つくば市小野川16-2
  国立環境研究所生物・生態系環境研究センター 山口晴代
  Tel:029-850-2424,Fax:029-850-2587,E-mail:25jsmrs@nies.go.jp

◆◆ 平成30年度日本微生物資源学会受賞候補者推薦に関するお願い ◆◆
(2017年11月10日掲載)

平成30年度日本微生物資源学会賞、奨励賞ならびに技術賞候補者を下記の要領で募集いたしますので,ご推薦いただきますようお願いいたします.

学会賞選考委員長 佐藤豊三

1. 受賞候補者の資格
1) 日本微生物資源学会賞
微生物およびこれに準ずる培養生物の系統保存,系統分類学及び関連分野における学術進歩に寄与し,当該年度の4月1日に満40歳以上である本会正会員に授与する.受賞の対象となる業績は日本微生物資源学会誌に掲載された論文を含むものとする.
2) 日本微生物資源学会奨励賞
微生物およびこれに準ずる培養生物の系統保存,系統分類学及び関連分野における学術進歩に寄与し,当該年度の4月1日に満40歳未満である本会正会員に授与する.受賞の対象となる業績は日本微生物資源学会誌に掲載された論文を含むものとする.
3) 日本微生物資源学会技術賞
微生物およびこれに準ずる培養生物の管理、系統保存技術及び系統分類学の関連手法に寄与した本会正会員に授与する.
2. 推薦者の資格 (以下のいずれかに該当する正会員もしくは名誉会員)
1) 本会の理事および監事
2) 本会の理事および監事経験者
3) 本会の前身である日本微生物株保存連盟の幹事および監事経験者
4) 推薦時の本会会員歴が10年以上である正会員
3. 提出書類〔技術賞は1), 2)のみ,ただし3), 4)も参考資料として添付してもよい.〕
1) 候補者氏名と受賞対象となる業績の名称,推薦理由及び受賞対象となる業績の要旨をそれぞれA4判1枚にまとめる(本学会の活動や微生物系統保存事業への貢献を明記).推薦者は署名,捺印する.
2) 候補者の履歴書: 生年月日,現住所,所属機関名・住所,学歴,職歴,他学会での受賞歴を含む.
3) 候補者の業績目録: 以下の項目に分けて作成する(本学会誌掲載の①,②を明示).
①原著論文,②総説,③国際会議プロシーディング,④著書 (分担執筆を含む),⑤本学会での口頭発表
4) 主要な論文(受賞対象となる業績に関連する論文を含む)の別刷またはコピー5編以内,各5部
これらの書類を下記に示す会長宛に書留郵便で送付すること.なお提出書類は返却しません.
4. 推薦書類の送付先
〒680-8553 鳥取県鳥取市湖山町南4丁目101
鳥取大学農学部附属菌類きのこ遺伝資源研究センター
中桐 昭(日本微生物資源学会会長)
5. 推薦書類提出締切日:平成30年3月31日(必着)

◆◆ 研究集会「シアノバクテリアの生態学的多様性と系統分類」開催のお知らせ ◆◆
(2017年10月31日掲載、2017年11月16日更新)

京都大学生態学研究センター,日本微生物資源学会(協力)
日時:11 月 23 日(木)13:00~17:00
会場:京都大学理学研究科セミナーハウス http://www.sci.kyoto-u.ac.jp/ja/map.html
生態学研究センターHP:http://www.ecology.kyoto-u.ac.jp/index.html

プログラム:
講演1   シアノバクテリアにおけるクロロフィルの多様性と系統
          宮下英明(京都大学地球環境学堂)
講演2   ゲノム情報に基づくシアノバクテリアの補色順化の多様性の解析
          広瀬侑(豊橋技術大学環境生命学系)
講演3   シアノバクテリアの光屈性の多様性
          片山光徳(日本大学生物工学部)
講演4   アオコ形成ラン藻 Microcyst の多様性:genotype vs. ecotype
          田辺雄彦(筑波大学藻類バイオマス・エネルギーシステム研究開発センター)
講演5   NIES カルチャーコレクションにおけるシアノバクテリア株
          山口晴代(国立環境研究所生物・生態系環境研究センター)
講演6   海産巨視的群体形成糸状シアノバクテリアおよび気生シアノバクテリアの分類と多様性
          須田彰一郎(琉球大学理学部)
講演7   どうなるシアノバクテリアの新種提案? -シアノバクテリアの国際命名規約に絡む厄介な問題-
          花田智(首都大学東京大学院理工学研究科)

    プログラム・講演要旨はこちらの[PDF]をご覧下さい.

◆◆ 日本微生物資源学会会則が改正されました ◆◆
(2017年9月25日掲載)

日本微生物資源学会では、これまでの会則について、(1)学術集会(年会)を別章に立てる、(2)CC委員会以外の委員会や部会も設置を会則で規定する、(3)各委員会・部会の運営(活動)は細則で規定する、とした改正を行い、第24回総会にて承認されました。これによって改正された会則はこちらよりご覧下さい。

会則[PDF]


その他のお知らせ

◆◆第2回「バイオインダストリー大賞」・「バイオインダストリー奨励賞」の推薦募集について◆◆
(2018年1月18日掲載)

一般財団法人バイオインダストリー協会から標記賞への推薦募集がありましたのでお知らせ致します。詳しくは下記ホームページをご覧下さい。

2017年、一般財団法人バイオインダストリー協会は30周年記念事業として、バイオインダストリーの発展に大きく貢献した、または、今後の発展に大きく貢献すると期待される業績を表彰する「バイオインダストリー大賞」、および、この分野の研究開発に携わる有望な研究者を表彰する「バイオインダストリー奨励賞」を創設しました。 これらの賞は、バイオサイエンス、バイオテクノロジーおよびバイオインダストリー分野すべての領域を対象に研究から産業化までの推進を目指した日本唯一の賞で、2018年1月10日(水)より第2回バイオインダストリー大賞・奨励賞の募集を開始いたしました。

JBAホームページ:
 https://www.jba.or.jp
選考委員長メッセージ:
“未来を拓くイノベーション創出を” 相澤益男 大賞選考委員長
“世界のトップランナーを目指す研究者を” 阿部啓子 奨励賞選考委員長
 https://www.jba.or.jp/jba/osirase/post_60.php
バイオインダストリー大賞 募集要項:
 https://www.jba.or.jp/jba/osirase/2110423.php
バイオインダストリー奨励賞 募集要項:
 https://www.jba.or.jp/jba/osirase/2110-423.php
募集締切:2018年4月23日(月)

◆◆ 第7回日本微生物学連盟フォーラム「微生物:変わり者たちの素顔」開催のお知らせ ◆◆
(2017年11月1日掲載、2017年11月30日更新)

主催 日本微生物学連盟
共催(予定) 日本ウイルス学会、日本微生物生態学会、日本細菌学会、日本医真菌学会
日時 2017年12月16日(土) 10:30~17:00
会場 東京大学駒場キャンパス 18号館ホール
(京王井の頭線 駒場東大前駅より徒歩5分)
http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam02_01_17_j.html
参加方法 ご氏名・性別・年齢・職業(お勤めの方はご所属機関名等)、ご連絡先(E-mail)を記載の上、下記申込先までE-mailでお送りください。
参加申込先 日本微生物学連盟事務局あて
Email fmsj-office@umin.ac.jp
参加費 無料

※内容は下記のホームページおよびフライヤーをご参照下さい。 フライヤー[PDF]
http://fmsj.umin.jp/news171001.html

◆◆ 「第2回 ABSに関わる名古屋議定書説明会」(筑波大学主催・国立遺伝学研究所共催)開催のお知らせ ◆◆
(2017年9月28日掲載)

「第2回 ABSに関わる名古屋議定書説明会」in 筑波大学・東京キャンパス

 ~イランと近隣諸国におけるABSの現状と将来展望 ~

主催:筑波大学つくば機能植物イノベーション研究センター(T-PIRC) 遺伝資源・国際共同研究部門

共催:国立遺伝学研究所 知的財産室 ABS 学術対策チーム

日時:2017 年 10 月 11 日(水)13:30-15:30

会場:筑波大学東京キャンパス 120号室(1階)

   交通アクセス → https://www.tsukuba.ac.jp/access/bunkyo_access.html

詳細はこちらのホームページアドレスをご覧下さい。

http://ura.sec.tsukuba.ac.jp/archives/13359


過去のお知らせ

2017年 2016年 2015年 2014年 2013年 2012年